スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマゾンショッピングで絵本の寄付をしよう

  → → → → →  
 『私の本棚』では、右のアマゾン検索窓よりショッピングを
してもらって付与されたポイントを
【絵本を届ける運動】に寄付をさせて頂いております。
Amazonのご利用者が協力してくださると、とても嬉しいです。
【絵本を届ける運動】の詳細はここを読んでね!
スポンサーサイト

NHK海外ドラマ『大草原の小さな家』の原作『大きな森の小さな家』

 

★★★


子供の頃はNHKの海外ドラマ『大草原の小さな家』が大好きだった。
その原作1作目がこの『大きな森の小さな家』です。

南北戦争が終わりを告げたアメリカで
新しい生活への期待に充ち満ちていた人々が
未開の大地を目指して移住していく中、ローラたちインガルス一家も
新しい天地を求めて、ウィスコンシン州へとやってきます。

原作者のローラが
ウィスコンシン州の大きな森の丸太小屋で
とうさん、かあさん、姉のメアリイ、妹のキャリーと生活していた
幼いころの思い出を綴ったものです。

おおかみや熊がすぐそこまでくるような深い森は
冬には雪に閉ざされ厳しいが
家族のあたたかさに包まれているローラは
四季を通してさまざまな表情を見せる大自然と触れあっていく。

バターは牛乳を搾って作り
かえでの樹液を煮詰めてメイプルシュガーも作る。
豚は木のうろでいぶして保存するなど
その描写を読むだけで美味しそうな匂いがしてくる。
そこには、すべて手作りの本当の意味での豊かな食卓があった。

家具や狩りに使う道具も全て手作するチャールズ父さんが
鉄砲の弾を作り鉄砲の手入れをしている様子などが
細かく丁寧に描かれています。
色々な物が出来上がっていく様子は
自分がローラになってその場面を見ているようで楽しいです。

丸太を組み立てて家を建て、ベッドを作り、狩りをする父さんは
子ども達にはスーパーマンみたいに頼もしく
それでいてヴァイオリンを弾く時は陽気で楽しく
ほのぼのしてしまうのです。

実際には開拓民の生活は苦しく過酷なんだろうけど
幼いローラの目を通した森の生活はひたすら楽しく映っています。
『古き良き時代』という言葉が実感できる物語ですね。


 

にほんブログ村
★★★★★★
小説(読書感想) ブログランキングへ

私が読んだり、見たりして感動したものを紹介しています。
クリックして下さると本当に嬉しいです。

トランプ大統領 韓国大統領 朴槿恵窮地 小池百合子都知事2020年オリンピックパラリンピック

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

野生のイルカにストレスを癒してもらい、ありのままの自分を取り戻す

 
★★★


『イルカと泳いだみたいに気分がすっきりする本』を持ち
塩をひとつまみ入れて浴槽に浸る

イルカになった気分で、のんびり ゆったりしていると
塩水で心の洗濯をしているようでスッキリする。

ストレスによって心と身体のバランスを崩した著者が
野生のイルカと美しい海に様々な事を教えられる中で
自分を癒し、ありのままの自分を取り戻していく方法は
共感することが多い

この本を読むとシンプルに生きようという気持ちになれる。
心の中の重いものが少しずるクリアになっていくのを感じて心地良い

………………………………
拒絶される恐れや
ひとりぽっちになっちゃう不安や
『自分なんて』っていう劣等感はだれのなかにもあるもの
でも、それは幻想

ほんとはみんな愛を欲しがっている
人生をもっと愛で満たしたいと願っている
みんなが誰かの愛を必要としている


 

にほんブログ村
★★★★★★
小説(読書感想) ブログランキングへ

私が読んだり、見たりして感動したものを紹介しています。
クリックして下さると本当に嬉しいです。

トランプ大統領 韓国大統領 朴槿恵窮地 小池百合子都知事2020年オリンピックパラリンピック

テーマ : 読むこと、学ぶこと、生きること
ジャンル : 本・雑誌

ヨシタケシンスケさんの『りゆうがあります』に思わず笑ってしまった

 

★★★


ヨシタケシンスケさんの『りゆうがあります』を読んだ。
主人公の『ぼく』がついやってしまうクセには
ちゃんとした理由があるんですね。

ハナをほじるのはね・・・
ハナの奥のスイッチを押して『ウキウキビーム』を出して
みんなを楽しい気持ちにさせるためなんだ。

ツメをかむのはね・・・
大人には聞こえない音を出して
ゴミ捨て場のカラスを追い払うためなんだ。

ごはんをボロボロ落としちゃうのは・・・
小さい不思議な生き物たちに
おいしいごはんを少し分けて欲しいと
頼まれているからなんだ。

『ぼく』の想像力豊かな理由が楽しくて微笑ましく
思わずクスッと笑ってしまいます。

お母さんは子供が必死で考えた理由を頭から否定しないで
『いろいろ理由があるのね、大変ね』とか
『・・・ああ、そうですか』とか
呆れ顔をしながらも一度は受け入れます。

でも、お母さんは
うさんくさいものを見るような納得してない顔をしています。
この表情がたまらなくいいんですよ・・・

この絵本の表紙では、イスに座っている子供が右手でハナをほじり
左手を足の間に挟んでいるのですが
うちの子供もこういうことやってます。
作者は子供をよく観察してますね。


それから裏表紙をみて思わず笑ってしまいました。
ハナをほじる→ほじった指の匂いをかぐ→その指をなめる
子供がよくやるハナほじりの3段階攻撃ですが
私が子供の時、ハナクソを食べる友達がいたこと思い出しました。

しかしこんな理由を次から次に思いつく『ぼく』は天才ですね。
うちの子がこんな言い訳を言ってきたら
私も『ぼく』のお母さんみたいに
『なるほどね、よーく分かったわ』とクールに言ってみたいです。


 

にほんブログ村
★★★★★★
小説(読書感想) ブログランキングへ

私が読んだり、見たりして感動したものを紹介しています。
クリックして下さると本当に嬉しいです。

トランプ大統領 韓国大統領 朴槿恵窮地 小池百合子都知事2020年オリンピックパラリンピック

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

赤ずきんちゃんの結論を知っていますか?

 

★★★



昨日のブログでオオカミとヤギの友情を描いた
『あらしのよるに』のDVDを紹介した時に
『おおかみと7匹のこやぎ』と『赤ずきんちゃん』
の絵本について話題にしたので改めて考えてみたんだけど
赤ずきんちゃんのオオカミって結局どうなったんだっけ?

曖昧な記憶を辿ったけど思い出せない。
猟師に鉄砲で撃たれて死んだんじゃなかったっけ?
と、本は何度も読んだはずなのに記憶はあいまいだ。

おばあさんはオオカミに食べられて死んだまま?
と子供に聞かれても、ぜんぜん思い出せない。
おばあさんの恰好をしたオオカミがベットに寝てるシーンは
鮮明に頭に残っているのに
そのあとのことがどうしても思い出せない。
そこでネットで調べてみることに。

おばあさんの家を訪ねてきた漁師が
大きなお腹のオオカミがおばあさんのベッドでぐっすり眠っているのを見つけ
『オオカミめ、おばあさんを食べたな』と言って
オオカミのお腹をはさみで切ったのです。

するとまず赤ずきんちゃんが出てきて
続いておばあさんもはい出てきたので
猟師はかわりに石をつめて、お腹を縫い合わせたのです。
つまり、『オオカミと七匹のこやぎ』と同じエンディングなのでした。

お腹をハサミで切られても気づかずに眠り続けたオオカミの鈍感さが
オオカミの敗北の原因だったのですね。
オオカミは極端な悪役としていつも童話に登場しますが
『あらしのよるに』のガブみたいに
気のいいオオカミが登場する絵本が増えれば
残忍なイメージが払拭されるかもしれませんね。


 

にほんブログ村
★★★★★★
小説(読書感想) ブログランキングへ

私が読んだり、見たりして感動したものを紹介しています。
クリックして下さると本当に嬉しいです。

トランプ大統領 トランプ大統領 韓国大統領 朴槿恵窮地 小池百合子都知事2020年オリンピックパラリンピック

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

アマゾン商品検索
プロフィール


カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。